医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

DPC病院指標・臨床指標

DPC病院指標

DPC臨床指標とは、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいて作成した指標です。

診療実績

臨床指標 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
外来患者数 276,441名 277,686名 276,898名 272,601名 267,026名
一日平均患者数(外来) 943.5名 947.7名 941.8名 930.4名 911.4名
一日平均在院患者数(入院) 284.4名 278.3名 264.2名 274.2名 277.2名
退院患者数 7,405名 8,006名 7,947名 8,180名 8,218名
一般病棟平均在院日数 11.2日 9.9日 9.5日 9.7日 9.7日
病床利用率 76.9% 75.2% 71.4% 74.1% 74.9%
死亡退院患者数 246名 223名 220名 204名 167名
院内粗死亡率 3.3% 2.8% 2.8% 2.5% 2.0%
分娩件数 628件 584件 627件 619件 607件
帝王切開率 9.6% 9.2% 9.1% 10.3% 11.2%
化学療法延べ件数(入院・外来) 1,509件 1,355件 1,241件 1,016件 1,389件
癌手術件数
(主要部位)
52件 48件 60件 47件 51件
大腸 130件 144件 132件 161件 141件
93件 79件 91件 75件 40件
乳腺 35件 29件 35件 33件 36件
1件 0件 1件 0件 0件
前立腺 10件 3件 4件 5件 6件
膀胱 54件 70件 70件 84件 84件
腎・腎盂・尿管 8件 11件 12件 12件 13件

医療の質(QI指標)

医療の質(QI:Quality Indicator)の測定と公表は、 医療の質を改善し、向上させるための重要な要素となります。 当院はQIプロジェクトチームを結成し、2014年度から日本病院会の QIプロジェクトに参加して、医療の質指標に関する当院のデータを 集計し提出しています。 QIプロジェクトの目的は、「他病院と比較するのではなく、各々の病院 が自院のデータを経時的に公表しながら、向上のためのあらゆる努力をし、 結果として医療の質を改善すること」です。 今後も当院データの経時的変化を“見える化”していき、改善につなげて いきたいと思います。