平成28年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1572 280 132 151 367 461 1179 1667 1250 254
高齢化社会を背景に一番多い年齢階級は70~79歳が全体の23%を占めて、70歳以上は実に全体の43%を占めています。一方、0~9歳も21%を占めており、産科および小児医療が充実しているPL病院の特色が表れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 113 28.21 17.95 1.77 82.09
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 79 42.66 21.25 7.59 86.61
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 69 6.04 5.50 1.45 50.93
060050xx97x0xx 肝臓がん・肝内胆管がん 64 9.67 11.74 1.56 78.81
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 39 3.21 3.06 5.13 69.38
内科実績には「血液内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科」の全てを含んだ中で上位5疾患が表記されています。上記5疾患以外でも、全国有数の無菌病室15室を有する血液病センターでは複数の日本血液学会専門医・指導医など充実したスタッフにて末梢血幹細胞移植術を含めて悪性リンパ腫や白血病など南河内医療圏では上位の実績を挙げています。また、消化器内科では2016年7月に開設した内視鏡センターで複数の日本消化器内視鏡学会専門医・指導医など充実したスタッフのもとで早期大腸癌や早期胃癌に対する内視鏡治療にも力を注いで、大学病院並みの実績を挙げています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎 201 5.05 6.02 0.5 1.45
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 198 5.09 5.79 0.51 5.83
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 189 3.95 5.50 0 3.72
140010x199x00x 低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 149 6.79 6.18 1.34 0
030270xxxxxxxx 上気道炎 133 3.84 4.83 0 2.53
PL病院では複数の小児科専門医を含む常勤小児科医9名以上および地域の先生方にもご協力いただき、長年南河内広域小児救急事業で中心的な役割を担うべく小児救急医療にも力を注いています。また、42床ある小児病棟を有しており、上記5疾患以外でも未熟児など出生児から乳幼児に対する幅広く手厚い入院医療を提供しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 下肢静脈瘤 79 2.04 3.34 0 67.44
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 56 6.41 6.82 1.79 65.63
060035xx01000x 結腸悪性腫瘍 31 13.61 15.92 0 71.19
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 24 6.67 7.61 0 65.46
060150xx03xxxx 虫垂炎 23 5.04 5.60 0 20.04
一番目に多い「下肢静脈瘤」はPL病院のIVRセンターで施行される専門医による”下肢静脈瘤レーザー治療”を指しており、多くの下肢静脈瘤にお悩みの方々から評価を得ています。2番目以降は、様々な臓器に対する疾患に幅広く対応しております。ここ数年では、悪性腫瘍をはじめ様々な症例で低侵襲である腹腔鏡下手術の実績が顕著に増加しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 63 39.73 27.63 14.29 81.59
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 48 38.1 26.26 0 78.92
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 31 37.23 24.42 3.23 72.32
160760xx97xx0x 前腕の骨折 27 3.89 5.49 0 38.52
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 25 22.52 20.57 24 82.24
上位の疾患はいづれも高齢者に多い疾患で手術療法を要します。上位疾患以外でも四肢・体幹に応じた幅広い整形外科領域の疾患に対応しており、複数の専門医によって侵襲度の低い関節鏡下手術にも多くの実績を挙げています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 22 3.82 3.44 0 73.27
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 20 2.8 5.80 0 19.75
140210xx01xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 - - 3.94 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 - - 3.46 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 - - 4.28 - -
南河内医療圏で形成外科を標榜している病院が非常に少ない中、PL病院形成外科では地域の眼科開業医の先生方から手術目的紹介を数多くいただき、眼瞼下垂症が最上位となっています。次いで、鼻骨骨折や下顎骨折など形成外科特徴の一つである顔面損傷にも積極的に対応しています。また、近年では外科の乳腺専門医とチーム医療の一環として、乳癌手術後の乳房再建術にも複数の実績を挙げています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 41 1.27 2.43 0 32.78
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍(腹腔鏡下手術によるもの) 19 5.11 6.42 0 42.63
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍(腹腔鏡下子宮全摘術等) 16 6.44 6.29 0 45.38
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍(子宮全摘術等) 10 10.5 10.05 0 44.7
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 - - 12.29 - -
南河内医療圏で産科を標榜している医療機関が少ない中、当院では自然分娩を主として毎年600件以上(2016年度は619件)の分娩実績を挙げております。また、上記に示されているとおり、卵巣や子宮の良性腫瘍では適応に合わせて難易度の高い腹腔鏡下手術でも数多くの実績を挙げています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 489 3.1 2.61 0 75.5
限られた眼科専門医による精一杯の入院医療を提供しています。手術実績の項に示されていますが、2016年度は年間489件の白内障手術を実施しました。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 25 4.12 5.50 0 39.48
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 15 7.67 8.12 0 23.13
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 12 5.83 7.28 0 40.75
030380xxxxxxxx 鼻出血 12 5.92 5.84 8.33 66.67
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.47 - -
南河内医療圏で耳鼻咽喉科を標榜して常勤医師が配属されている医療機関は非常に少なくなっています。当院は手術療法も含めて経験豊富な1名の耳鼻咽喉科専門医が精一杯入院医療も提供しております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 6.76 8.96 0 65.94
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - 11.97 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.38 - -
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - 10.70 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -
2名の皮膚科専門医によって、丁寧な説明のもと幅広い皮膚科疾患に対応しています。入院医療で対応する上位疾患は上記のとおりですが、自費診療となる美容的治療にも対応しております。お気軽に皮膚科外来窓口へお問い合わせください。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 117 5.81 5.83 0 58.33
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 105 6.97 7.78 0.95 72.42
110070xx0200xx 膀胱悪性腫瘍 78 10.22 7.44 0 74.18
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 26 9.04 12.43 0 72.19
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 22 9.5 8.83 0 72.32
PL病院泌尿器科は複数の日本泌尿器学会専門医および指導医を含む充実したスタッフによって、南河内医療圏でも様々な泌尿器領域で実績上位となっています。上記の中で一番目は「上部尿路疾患」となっていますが、TULやPNLといった高度な術式で対応しています。2番目は「前立腺肥大症」に対して、その多くが大阪府下で初めて導入したグリーンライトレーザー治療器によって、術後の痛みが少なく社会復帰が早い術式で対応しています。3番目は「膀胱悪性腫瘍」ですが、難易度の高い術式も多く実績があります。また、悪性腫瘍は膀胱のみではなく、腹腔鏡技術認定医のもとで腎癌に対して腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ、その他前立腺や精巣にも対応しています。また、55床の透析ベッドも有しており、”腎センター”と称して透析関連治療でも最先端の医療機器にて高度な医療を提供しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 44 - - 17 - 20 1 7
大腸癌 18 12 23 13 - 25 1 7
乳癌 12 13 12 - - 17 1 6,7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 68 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大阪府がん診療拠点病院としての使命を果たすべく、医師・看護師(専門・認定含む)・薬剤師・管理栄養士・社会福祉士などの関係専門職ときめの細かいチーム医療を大切にして診療にあたっています。2016年7月には複数の日本消化器内視鏡学会専門医と指導医など充実した医療スタッフが配属された内視鏡センターを開設して、一段と早期発見に努めて質の高い医療を提供しています。また、近年は身体的負担の少ない腹腔鏡下手術にも力を注いで実績を増やしています。加えて、乳癌に関しても乳腺専門医による手術や形成外科専門医による乳房再建術など質の高い医療を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 7.26 53.48
中等症 123 14.84 73.2
重症 39 20.44 82.85
超重症 15 30.67 83.2
不明 - - -
年齢,腎機能,動脈血酸素飽和度,意識障害の有無,血圧状態を複合的に判定するA-DROPスコアで重症度別患者数を表記しています。軽症(重症度0)は平均年齢が50歳半ばとなっています。一番患者数の多いのは中等症(重症度1~2)で軽症と比べて平均年齢が高くなっていることがわかります。さらに、重症度が増すにつれて平均年齢は高くなっており、高齢者の方ほど重症化しやすいことが推察されます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 10 332.8 82.8 3.85
その他 16 133.44 76 3.85
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
PL病院では脳外科領域の入院医療は提供できませんので、手術適応外の方を中心に入院医療を提供しています。非常に稀ではありますが脳梗塞に対して急性期治療(手術など)が必要となる場合は、適宜対応可能な医療機関へ転院していただきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 結腸ポリペク(長径2cm未満) 608 0.37 1.19 0.16 66.27
K6153 血管塞栓術(その他)頭、胸腔、腹腔 43 1.28 7.53 0 79.84
K6532 内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離 34 1.68 6.62 0 71.12
K654 内視鏡的消化管止血術 33 1.06 7.97 0 69.73
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 29 1.03 2.52 0 68.9
2016年7月に複数の日本消化器内視鏡学会専門医および指導医を含む充実した医療スタッフを有して内視鏡センターを開設しました。その効果は絶大で、上記の中3種が実績上位となっています。中でも、対応可能な医療機関は限られ、高度な技術を要する「内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術」も多くの実績を挙げています。また、日本肝臓学会認定肝臓専門医とIVR専門医によって、肝臓癌に対する血管塞栓術も多くの実績を挙げています。加えて、循環器内科領域では心臓の冠動脈に対するカテーテル手術も毎年一定の実績を挙げています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 結腸ポリペク(長径2cm未満) 127 0.15 1.07 0 68.98
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 82 1.3 4.37 0 66.04
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 79 0.01 1.03 0 67.44
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 52 1.02 2.77 0 54.5
K6335 ヘルニア手術5.鼠径ヘルニア 47 1.11 3.49 0 67.47
上記は全てPL病院外科の特徴が表れています。「結腸ポリペク」は内視鏡センターを開設したことも起因しています。「腹腔鏡下胆嚢摘出術」は胃癌・結腸癌・直腸癌を含めて近年力を入れてきた低侵襲である腹腔鏡下手術を積極的に取り入れてきたことが背景にあります。「下肢静脈瘤血管内焼灼術」はIVRセンターの開設を機に、非常に多くの下肢静脈瘤でお悩みの方に熟練の医師による低侵襲レーザー手術を提供させていただいています。「鼠径ヘルニア」は長年”ヘルニアセンター外来”を開設しており、近年では侵襲度の低い腹腔鏡下による手術が顕著に増加しています。また、日本乳癌学会乳腺専門医による乳癌手術も毎年多数の実績を挙げています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 78 2.78 33.94 0 76.22
K0461 骨折観血的手術(大腿) 50 2.52 34.3 8 74.62
K0811 人工骨頭挿入術(股) 32 1.84 31.31 21.88 83.06
K0483 骨内異物除去術(前腕) 29 1.1 1.45 0 42.41
K0462 骨折観血的手術(前腕) 28 1.14 18.82 3.57 51.75
上位3つはいづれも高齢化に伴って増加してくる術式となりますが、多数の実績があり、しっかりと対応していることがわかります。加えて、「骨折観血的手術(前腕)」など四肢・体幹の骨折にも多数の実績を挙げております。また、近年では侵襲度の低い”関節鏡下手術”にも力を入れており、対応医療機関が少ない中、「関節鏡下腱板断裂手術」にも対応しております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術1.眼瞼拳筋前転法 22 0 2.82 0 73.27
K333 鼻骨骨折整復固定術 17 0.24 1 0 16.88
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -
K0052 皮膚皮下腫瘍摘出露出部2-4cm未満 - - - - -
K0061 皮膚皮下腫瘍摘出露出外3cm未満 - - - - -
南河内医療圏で形成外科を標榜している医療機関が少ない中、形成外科専門医によって特色ある質の高い手術を実施しています。眼瞼下垂手術は主に地域の眼科開業医の先生方からの手術紹介となり、鼻骨骨折に代表される顔面損傷への対応も充実しています。また、皮膚腫瘍に対しては適応を図りながら悪性腫瘍と良性腫瘍別に手術を実施しています。また、近年では外科乳腺専門医と一緒に乳癌手術後の乳房再建術も複数の実績を挙げています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術1.妊娠11週までの場合 32 0 0 0 33.44
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(左側)2.腹腔 19 1 3.11 0 42.63
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 17 1.24 4.18 0 46.35
K867 子宮膣部円錐切除術 10 1 1.7 0 35.1
K907 胎児外回転術 - - - - -
産科と婦人科で術式の特色が分かれています。当院では長年地域医療圏で産科医療の中核的役割を果たしてきました。そのことに関連した手術実績は毎年上位に挙がっています。婦人科領域でも、卵巣や子宮の良性腫瘍に対して高い技術を要する腹腔鏡下手術を得意としています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する 488 1.11 1 0 75.5
白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入)を積極的に行っており、2016年度は年間488件(2015年度426件)の実績を挙げています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術2.摘出 13 1.15 5.85 0 25.54
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 12 0.17 4.67 0 40.75
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K340-5 内視鏡鼻・副鼻3型(選択)(複数洞 - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
経験豊かな1名の耳鼻咽喉科専門医によって、難易度の高い術式まで幅広く対応しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術 108 1.51 4.73 0.93 72.5
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 104 1.52 3.4 0 58.75
K8036イ 膀胱悪性腫瘍6.経尿道的(電解質) 79 1.56 8.14 0 74.11
K783-2 経尿道的尿管ステント留置(D-J留置) 42 0.98 4.1 0 62.45
K768 ESWL:腎.尿管(一連):電極なし 41 0.1 1.07 0 54.78
日本泌尿器学会指導医4名に専門医を加えた常勤医師7名という南河内医療圏有数の充実した体制のもとで泌尿器科全領域にわたる悪性腫瘍、良性腫瘍、尿路疾患など様々な手術に対応しています。1番目は大阪府下で初めて導入した医療機器「グリーンライトレーザー治療器」を駆使して、前立腺肥大症の方に痛みが少なく入院期間も短いレーザー手術で大きな実績を挙げています。2番目は尿路疾患に係るもので多くの手術実績に併せて2015年4月「尿路結石治療センター」を開設しました。近年では高い技術が求められるPNL[経皮的尿路結石除去術(経皮的腎瘻造設術を含む)]を積極的に取り入れ、医療の質を向上させています。3番目は「膀胱悪性腫瘍手術」となっており、難易度の高い全摘や回腸導管を利用した尿路変更術にも対応しています。悪性腫瘍に対しては、膀胱に限らず泌尿器腹腔鏡下技術認定医による腎癌手術や前立腺,精巣などの悪性腫瘍にも複数の医師が豊かな経験のもとで実績を積み重ねています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.05
異なる 21 0.29
180010 敗血症 同一 7 0.1
異なる 11 0.15
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 84 1.15
異なる 6 0.08
<播種性血管内凝固症候群>
さまざまな基礎疾患のために過剰な血液凝固反応が生じるため体内で抗血栓性の制御が不十分となり、全身の血管内で微小血栓(血の塊)が多発して臓器不全、出血傾向のみられる重篤な病態をいいます。
<敗血症>
肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病気で、生命にかかわる場合があります。
<真菌症>
真菌とはカビのことです。カビがさまざまな患部に定着することに起因する感染症です。健康な人には抵抗力があり普通は感染しませんが、病気で抵抗力(免疫力)の弱い人は感染する場合があります。
<手術・処置の合併症>
手術や処置を実施したことに伴って起こる病気です。最大限の注意を払って最善の治療を施しても回避不可能な場合があり、臨床上ゼロにすることは難しいものがあります。

これらの臨床指標は数値(発生率など)だけで評価することは困難と考えています。その理由は、医療機関によって症例数や年齢構成比率などの患者像が異なるからです。しかし、一医療機関として少しでも発生率を低下させるための日々研鑚には真摯に努めてまいります。
更新履歴
2017.09.27
新規作成