医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

血液内科

長期入院や特殊な治療により、患者様には多くの不安やストレスが生じます。当センターは、患者様お一人お一人との距離を縮める努力として、患者様の心のケアーを含めた苦痛除去に重点を置き、様々な独自の取り組みを行っております。その一部をご紹介いたします。

【末梢血幹細胞移植患者からの闘病手記〜明日、移植を受けられるあなたへ〜】

血液病センターでは、患者様と診療スタッフとのコミュニケーションだけではなく、患者様同士の情報交換を重要視しております。化学療法や移植を受けた方にしか理解できない、治療による苦悩やその解決策などの貴重な体験談を「励ましの言葉」として、次に同じような治療を受けられる患者様へお送りしています。ここにそれらをご紹介いたします。


【多職種スタッフによる合同カンファレンスと病棟看護師の教育】

血液病センターでは、医師と病棟看護師を中心に、がん看護専門看護師、外来看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士および地域医療連携室ソーシャルワーカーから成る多職種での合同カンファレンスを定期的に開催しております。これにより、患者情報の共有化を図り、治療方針の周知徹底、問題点の早期解決および円滑な退院支援などに努め、質の高いチーム医療を目指しています。
また、専門知識を持った看護師を育成するために、少人数制での看護師勉強会を毎月行っております。
病棟でのカンファレンス風景

【がん看護専門看護師による心のケア】

がん専門看護師による相談風景 当院は大阪府がん診療拠点病院であり,がん患者に対する治療と同時に心のケアに取り組んでおります。 がん看護専門看護師(Oncology Certified Nurse Specialist)とは,がん患者様とそのご家族に対して,がん治療における優れた技術の提供をさせて頂き,加えて,他の医療者との協働により,最善の医療を提供するという役割があります。三人に一人が「がん」に罹患し,二人に一人が「がん」で死亡する時代となり,「がん」=「死」ではなく,治療と並行して苦痛を緩和しながら社会生活をおくる時代となっています。
具体的には,院内を横断的にまわり,がん告知後の患者様がご自分の病気と向き合い,治療やその後の人生を自己決定できるように関わらせて頂いております。また,治療に伴う副作用への対応,例えばリンパ浮腫に対してのマッサージや,がんの痛みを取るためのアドバイスなど実践的な技術の提供も行っております。
がんに関するお悩みがございましたらお気軽にご相談下さい。 お待ちしております。

看護部長室 看護師長 がん看護専門看護師/認定心理士 博士(心理学) 山田 忍


【がん患者サロン(ぴーえるサロン)の開催】

大阪府がん拠点病院である当院では、緩和ケアサポートチームが中心となり、患者サロンを定期的に開催しております。患者様あるいはご家族様同士が語り合うことで、日常生活の悩みや問題点を共有することにより、闘病生活での苦痛や不安を和らげ、QOL(生活の質)が向上することを期待します。 がん患者サロン(ぴーえるサロン)

【がんリハビリテーション】

リハビリテーション 当院ではがん看護専門看護師と理学療法士が協働し、抗がん剤治療中の患者様の入院生活がより良いものになるため、以下の臨床研究を行っています。

「クリーンルームに入室する患者の早期リハビリテーション介入の効果−他職種との協働から精神的・社会的側面に着目して−」
造血器腫瘍と診断され、抗がん剤投与が必要と判断された患者様はクリーンルームに入室していただきます。抗がん剤治療と運動はイメージが結びつきにくいと思われがちですが、様々な研究で治療中の運動は治療効果によい影響をもたらすことが報告されております。可能な範囲での運動を行うことで、治療を乗り切れる体力を維持し、退院後の生活や、学業や仕事に早期に復帰することができます。
当院では医師、病棟看護師、がん看護専門看護師、理学療法士が協働し、患者様の心理面や、社会的背景を考慮した早期リハビリテーションの介入に積極的に取り組んでおります。

リハビリテーション科

理学療法士 新谷 圭亮


【栄養サポートチームの関わり】

栄養サポートチーム 栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:NST)は、患者様ひとりひとりの状態や治療に適した栄養管理を実施することを目的とした、医師・歯科医師・摂食・嚥下障害看護認定看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・管理栄養士など多職種で構成されたチームのことをいいます。

当院のNSTでは、週1回カンファレンスと病棟回診を実施し、院内で栄養管理の必要がある患者様を対象に栄養状態の評価を行い、適切な栄養補給方法や栄養量、食べやすい食事形態の提供などについて検討・提案を行っています。
抗がん剤投与中は、副作用による食欲不振や消化管の問題で食事が摂取出来ないなど、栄養不良に陥りやすい状況にあります。治療を続ける体力を維持するために栄養管理は大切であり、食事や栄養に関する問題がある方にはチームで積極的に関わらせていただいております。

栄養科 管理栄養士 小池 由起


【患者様ご自身による大正琴の演奏会】

入院中の患者様のご厚意で、病棟談話室にて大正琴の演奏会を開いていただきました。 リハビリテーション