医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

 

 

最先端手術支援ロボット
ダビンチ〈da Vinci〉サージカルシステムを
富田林市にある医療機関の中で初めて導入いたします

 

 

ダビンチとは…

ダビンチは、「ロボット」、「コンピューター」、「光学」の各技術を応用して、患者さまの体への負担が少ない(低侵襲)手術を支援する医療機器です。

ロボット支援手術の特徴

 

手術は、知識・技術を習得した執刀医がダビンチをコントロールしながら行います。ダビンチの鉗子は、人間の手よりも大きな可動域を持ち、低侵襲アプローチで補正するため繊細な動きを要する手術を可能にします。ロボット部の先端には3本のアームがついており、そのアームを医師が画面を覗きながら操作し、手術がおこなわれます。ダビンチは執刀医の手の動きを再現するもので、決して機械が勝手に作動することはありません。

当院の適応病名

当院の現在の適応病名は、前立腺がん・腎臓がん・膀胱がんとなります。

(2021年11月現在)

 

手術のご相談につきましては、泌尿器科ご受診の上、
医師へご相談ください。

 

お問い合わせは、泌尿器科外来までお願いします。

0721-24-3100(代表)9:00〜17:00

今後の取り組み

当院では現在、泌尿器科疾患が対象となりますが、他科を含めたダビンチを使用する手術症例を拡大していきます。