医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

当院の取り組み

医療安全管理の取り組み

近年、テレビや新聞で医療事故や医療ミスの報道が目立ちます。医療事故やミスはあってはならないことですが、人は誰でも間違いを犯す(to Err is Human)存在である以上、医療人といえども例外ではありません。そこで当院は医療事故の発生を限りなく『0』に近づけるために様々な取り組みをしています。

→詳しくはこちらをご覧ください。

業務改善活動(QCサークル活動)

PL病院では1987年よりQCサークル活動を導入しています。
QCサークル活動の「後工程はお客様」という考え方が「親切な病院」の実現に適しているという当時の院長の判断で導入を決定しました。

→詳しくはこちらをご覧ください。

臨床研究に関するオプトアウト

PL病院麻酔科では、2012〜2013年及び2016〜2017年に腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けられた方の中から40名を抽出し、麻酔中の血圧値を解析(後ろ向き研究)しており、将来的に学術集会での発表を予定しております。文部科学省及び厚生労働省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成26年12月22日制定)」を遵守しており、個人情報が特定されないように細心の注意を払っておりますが、血圧値の発表に際し同意し難い事項がある場合にはその旨をご自由にお申し出ください。