医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

診療部門のご紹介

放射線科

放射線科の特徴

当科は常勤医師、放射線技師、看護師で診療活動に取り組んでおり、患者様の病気を正確に診断すべく日々努力しております。

CT、MRIなどの診断が中心ですが、肝動脈塞栓療法(TAE)などのIVR(インターベンショナル・ラジオロジー)も行っています。IVRの詳細はIVRセンターのページをご覧ください。

院内各科よりの依頼検査のほか、地域の病院や診療所からの検査の依頼もお受けしており、地域医療に貢献できるよう努力してまいります。

■検査機器紹介
□マルチスライスCT装置(64列)2台 □MRI装置(1.5テスラ)2台

□IVR-CT
 
■CT・MRI検査実績
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
CT 14,308件 15,382件 15,878件 15,736件 16,597件
MRI 7,498件 7,684件 7,719件 7,186件 7,365件
■IVR診療実績

【IVRセンター】のページをご覧ください。

担当医(常勤医師)紹介

氏名 専門分野 役職 学会認定
二ノ井 照久 画像診断(特に腹部画像診断)
IVR
放射線科部長
IVRセンター長
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本IVR学会専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の
実施基準による実施医・指導医
前林 徹範 IVR 放射線科副医長 日本医学放射線学会認定医
日本医学放射線学会放射線診断専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の
実施基準による実施医・指導医
日本IVR学会専門医
小林 亜衣 画像診断    

≫ トップへ戻る