医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

診療部門のご紹介

形成外科

形成外科の特徴

「形成外科」では顔や体表の色やかたちの異常、できもの、ケガなどを扱っています。
またキズを治すにしても、なるべく目立たないようにきれいにします。
診療分野は以下のように大きく4つに分けることができます。

  • 1.外傷:
    ケガ、ヤケド、顔の骨折、ケガの後の傷跡、床ずれなど
  • 2.腫瘍:皮膚にできた良性、悪性のできもの
    ほくろ(シミのような小さなほくろは保険としては当科では扱っていません)、脂肪腫などの良性腫瘍
    急激に大きくなってきたり、出血やただれを繰り返す悪性を疑う腫瘍
    また乳癌などの手術後の変形
  • 3.先天異常:生まれつきの顔や手足などの形の異常
    口唇裂や手足の合多指症、耳の変形、眼瞼下垂など
  • 4.整容:いわゆる美容
    当科では耳のピアスのみ自費で行っていますが、それ以外は行っておりません。

担当医(常勤医師)紹介

氏名 専門分野 役職 学会認定
林 いづみ   形成外科部長 日本形成外科学会専門医

≫ トップへ戻る