医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

診療部門のご紹介

麻酔科

麻酔科の特徴

■はじめに

手術室は5室あり、日曜、祭日を除き、毎日稼働しており、年間の手術件数は総数約2500件です。
そのうち全身麻酔、硬膜外麻酔、あるいは脊髄クモ膜下麻酔(脊椎麻酔)が必要な約1500件で麻酔科が登場します。


■麻酔科実績
年度  2019年度 
総手術件数 2471症例
麻酔科管理全症例数 1435症例
内、全身麻酔症例数 1299症例
小児(6歳未満)の麻酔 27症例
帝王切開の麻酔 48症例
心臓血管外科の麻酔 0症例
胸部外科の麻酔 0症例
脳神経外科の麻酔 0症例
■麻酔科医の役割

麻酔科医は手術中の全身管理を行います。
全身麻酔の場合は、手術中はずっと人工呼吸を行い、呼吸管理をします。
出血が多ければ点滴の量を増やしたり、輸血を行うかどうかの判断をし、さまざまな薬を使って脈拍、血圧を調節し、循環管理をします。

また、手術中の痛みを取り除き、手術後の痛みを和らげるなど、痛みの管理をします。

■最後に

麻酔科医は原則として、麻酔を受けられる人を手術の前日に診察しています。
そこで麻酔についての説明も行っています。
術前診察室では、どんどん質問していただいて結構です。
納得されるまで説明させていただきます。


麻酔科についてさらに詳しく知りたい方は【麻酔科学会ホームページ】

担当医(常勤医師)紹介

氏名 専門分野 役職 学会認定
飯室 慎祐 一般麻酔科学 麻酔科部長 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
米田 卓史 一般麻酔科学 麻酔科副部長
HCU室長
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
竹中 睦子     日本麻酔科学会専門医・指導医
緩和ケア研修会修了

≫ トップへ戻る